FC2ブログ

マイクロソフトOfficeブログ

Webビジネスブックマークも

Microsoft Office Live日本語版β11月15日


 
Microsoft Office Liveは、「Microsoft Office Live」は小規模企業向けに提供するのMicrosoftのソフト。

日本語版は11月15日以降にとしてベータテストを開始する。

Office Liveは、オンラインサービスだけれども、単なるWordやExcelなどのアプリケーションのオンライン版ではない。


基本的なサービス内容としては、ウェブとの親和性を前面に出している。

ウェブサイト構築ソフトウェア、複数の電子メールアカウント、ウェブホスティングで構成されるもので、オンラインでキーワード検索広告を管理できる「adManager」のベータ版も含まれる。


Office Liveは、オンライン広告が掲載されて無料で利用できる「Microsoft Office Live Basics」がヒットするだろう。

さらには、Basicsの機能を拡張した有料(アメリカでは月額19.95ドル)で利用する「Microsoft Office Live Essentials」、Essentialsの機能をさらに拡張した「Microsoft Office Live Premium」有料(アメリカでは39.95ドル)のあわせて3つのサービスが用意されている。


これらは「ソフトウェア+利用サービス」というLive戦略に基づいた、小規模企業向けのオンラインサービスだ。

アメリカではもちろんのこと、
日本でも小規模企業が増えていることは明らか。

アメリカでは、2006年2月にベータ版を開始してからこれまでに16万社以上の小規模企業が試用したという。



Microsoft Office Live Basicsでは、ウェブサイトの容量が500Mバイト、電子メールアカウント数が25個用意され、各アカウントの容量は2Gバイトある。

現在では小規模で試用するにはこれで十分な単位だろう。

Microsoft Office Live Essentialsでは、ウェブサイトの容量が1Gバイト、電子メールアカウント数が50個利用でき、500Mバイトのオンラインストレージサービスが提供され、10人まで共用可能。

試用から使用になる流れではこの単位までは時間の経過と共に必須になると思われる。

Microsoft Office Live Premiumではウェブサイトの容量が2Gバイトに増量、ストレージサービスも1Gバイトに増量されたうえで20人まで共用可能。


取引先や顧客を管理するソフトウェア「Office Live Business Contact Manager」などのオンラインアプリケーションも多数揃えているという。

日本の中小ビジネスを支えるソフトになることは確実だ。

Googleもこの分野で開発、買収を進めており今後の展開が楽しみだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://access2003.blog70.fc2.com/tb.php/9-79abdb5a

のだめオーケストラ知ってる?原作者二ノ宮知子(画像あり)カンタービレ

「カンタービレ」とは、音楽用語で「歌うように」という意味です。漫画の最新刊でも、その詳しい説明がありました。 気になる「のだめカンタービレ」の視聴率は。